日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

東日本大震災から3年 -復興への歩みに寄り添い、支える-

 2011年3月11日。
 東日本大震災の発生直後から日本赤十字社は救護班の派遣などの緊急救援から復興支援まで継続的に行ってきました。

 そして震災後、世界の人々から赤十字に1,000億円もの海外救援金が寄せられたことをご存じでしょうか。それらは、日赤を通じて仮設住宅13万世帯に備える冷蔵庫や洗濯機となり、また、子どもたちの体育館や保育園、地域医療を守る診療所となって被災地の復興を支えています。

 これからも日本赤十字社は被災された方々の復興への歩みに寄り添い、活動を継続していきます。
東日本大震災活動レポートをご覧ください。http://www.jrc.or.jp/shinsai2011/index.html

 ※これらの活動は皆さまから寄せられた「赤十字活動資金」や海外赤十字社などから届いた「海外救援金」をもとに行われ、「義援金」は全額、被災地にお届けしています。

ページのトップへ