日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

日本赤十字社が表参道で赤十字のPRを行います~新緑の表参道に赤十字フラッグがはためく~


日本赤十字社東京都支部(支部長:舛添要一)は、5月8日の『世界赤十字デー※』に合わせて、5月1日(金)から14日(木)までの2週間、けやき並木の緑が陽光に映える表参道に赤十字フラッグを掲揚します。 
期間中はアストロビジョンでのCM放送、協力店舗内での赤十字アピール、そして初日の5月1日と5月8日当日には、表参道ヒルズの250mにわたる外壁が赤くライトアップされるなど、表参道全体で赤十字の雰囲気を感じることができるキャンペーンになります。
1人でも多くの方が赤十字に触れることができますよう、取材のご協力をよろしくお願いします

※世界赤十字デー:赤十字の基礎を作ったスイス人、アンリー・デュナンの誕生日。世界中の赤十字社・赤新月社でこの日を祝い、様々なイベントを実施しています。

取材にご協力いただける場合、事前に下記までお申し込みをお願いします。
なお、協力店舗の取材に関しましては別途調整とさせていただきますことをご了解ください。

お問合せ・取材申込み先
日本赤十字社東京都支部 企画課 中野・本多・池山
電話:03-5273-6747 E-mail:kikaku@tokyo.jrc.or.jp


<実施概要>
【街灯フラッグ掲揚】5月1日(金)~14日(木)
車道・歩道合わせて164本のフラッグを掲揚。けやきの新緑に赤と白を基調とした赤十字フラッグが美しく映えます。キャンペーン旗には「5.8」のロゴが。5月8日が世界赤十字デーということをアピールします。

【赤十字ブックカフェ】5月2日(土)~6日(水)
日本看護協会のご協力により、同会ビル(渋谷区神宮前5-8-2)前のスペースにブックカフェを開設。赤十字の考えに触れることができる様々な書籍に、カフェ・ル・ポミエ(看護協会ビル2階)提供のドリンクとともにゆっくりとふれていただけます。
その隣では、赤十字を通して子どもたちが世界で起きている災害や紛争について体感できるワークショップを実施。

【協力店舗でのPR】
表参道ヒルズでのライトアップ(5月1日、8日)をはじめとして、エリア内13の店舗(企業)にご協力いただき、ブース展開やキャンペーングッズのディスプレイ、オリジナルメニューの提供などを実施

-ご協力店舗一覧-(順不同)
日本看護協会
 同会ビル前スペースの提供(赤十字ブックカフェ)
カフェ・ル・ポミエ[飲食店]
 赤十字ブックカフェでのドリンク提供/期間中の売り上げの一部をご寄付
表参道ヒルズ
 表参道に面した壁面を赤くライトアップ
PEEK-A-BOO[美容室]
 表参道エリア4店舗に赤十字ミニフラッグを設置
珈琲茶館 集[飲食店]
 店舗にミニフラッグと募金箱を設置/期間中の売り上げの一部をご寄付
ククルザポップコーン[飲食店]
 店舗にミニフラッグと募金箱を設置
キディランド[雑貨店]
 店舗にミニフラッグと募金箱を設置
ダイアナ[靴店/飲食店]
 店舗にミニフラッグと募金箱を設置/1階店舗では商品購入者にキャンペーンチャームを提供/2階喫茶ではキャンペーンコースターを提供
京橋千疋屋[飲食店]
 店舗にミニフラッグと募金箱を設置/オリジナルメニューの提供/食事利用者にはキャンペーンコースターを提供
新潟館ネスパス[アンテナショップ]
 店舗に募金箱とメッセージカードを設置

京橋千疋屋オリジナルメニュー「トロピカルアソートパフェ」(2,160円)


赤に染まる表参道ヒルズ


店内ではミニフラッグがお出迎え?

ページのトップへ