日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

【リリース】日本赤十字社が表参道で赤十字のPRを行います(5/1~14)


新緑にはためく赤十字旗

新緑の表参道に赤十字フラッグがはためく!
日本赤十字社が表参道で赤十字のPRを行います

日本赤十字社東京都支部(支部長:舛添要一)は、5月8日の『世界赤十字デー※』に合わせて、5月1日(日)から14日(土)までの2週間、けやき並木の緑が陽光に映える表参道に赤十字フラッグを掲揚します。 
期間中はアストロビジョンでのCM放送、協力店舗内での赤十字アピールが実施されるほか、世界赤十字デー当日の5月8日には、東急プラザ表参道原宿6階で「世界で苦しんでいる人のために何ができるか考える」ことをキーワードにしたトークイベントを開催し、また、表参道ヒルズとキディランド原宿店の店舗外壁が赤くライトアップされるなど、表参道全体で赤十字の雰囲気が感じられるキャンペーンになります。
1人でも多くの方が赤十字に触れられるよう、取材のご協力をよろしくお願いします。

※世界赤十字デー:赤十字の基礎を作ったスイス人、アンリー・デュナンの誕生日。世界中の赤十字社・赤新月社でこの日を祝い、様々なイベントを実施しています。

<イベント概要>
【街灯フラッグ掲揚】5月1日(金)~14日(木)
車道・歩道合わせて164本のフラッグを掲揚。けやきの新緑に赤と白を基調とした赤十字フラッグが美しく映えます。キャンペーン旗には「5.8」のロゴが。5月8日が世界赤十字デーということをアピールします。

【トークイベント】5.8世界赤十字デー クロストークライブ 5月8日(日)19時~
東急プラザ表参道原宿6階のおもはらの森で、ゲストを招いてのトークセッションとショートフィルムを上映します。災害や紛争で苦しんでいる人がいるということを感じ、何かを考えられる時間となることを願っています。
ゲストはスーパーフォーミュラ ドライバーの山本尚貴選手とショートショートフィルムフェスティバル&アジアの東野正剛ディレクターです。

【熊本地震義援金募集】5月8日(日)11~15時
ラルフローレン前の公開空地で、学生ボランティアたちが熊本地震の被災者への支援を呼び掛けます

【協力店舗でのPR】※順不同
エリア内の6店舗にご協力いただきます。

表参道ヒルズ
・路面部分を使ったライトアップ(8日)
・インフォメーションカウンターにフラッグと募金箱設置

キディランド原宿店
・路面部分を使ったライトアップ(8日)
・店舗にミニフラッグと募金箱を設置

ダイアナ原宿店
・店舗にミニフラッグと募金箱を設置
・2階喫茶ではキャンペーンコースターを提供

京橋千疋屋表参道原宿店
・店舗にミニフラッグと募金箱を設置
・オリジナルメニューを提供
・食事利用者にはキャンペーンコースターを提供

ラフォーレ原宿
・カードカウンターにフラッグと募金箱設置

東急プラザ表参道原宿
・店舗にミニフラッグと募金箱を設置


8日には表参道ヒルズ、キディランド原宿店でライトアップも


京橋千疋屋表参道原宿店オリジナルメニュー「ハートラちゃんミルクプリン」

ページのトップへ