日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

あなたは大切な人のいのちを守れますか?~心肺蘇生とAED~「一次救命処置」の内容が変わります


日本赤十字社は、新たな内容の「一次救命処置」の講習を7月1日から全国で一斉に開始します!

「一次救命処置」は、心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)やAEDを用いた電気ショックなど、心停止の方の命を救う緊急の手当。その内容は、科学的知見などに基づく「JRC蘇生ガイドライン」(監修 日本蘇生協議会)に準拠されています。昨年10月に2015年版の新たなガイドラインが公表されました。

「救急法」や「幼児安全法」講習を実施して、「一時救命処置」の普及に努めている日赤は、対応に向けて準備してきました。7月1日より一般の方にとってより学びやすい内容に変わります。

<新ガイドラインの主な特徴>
 ○心停止の予防に重点
 ○心停止の判断に自信が持てなくても、ただちに手当を開始すべきことなどの強調
 ○乳幼児の一次救命処置の手順が成人と共通に

日本では毎年約7万人が突然の心停止で死亡しています。
多くの方に新しい内容の「一次救命処置」をお伝えし、救うことのできる命が失われることのないよう、多くの皆さまの赤十字講習へのご参加をお待ちしております。
「一次救命処置」は日赤東京都支部ホームページの動画でも学べます!




☆★☆ 電子講習室『赤十字WEB CROSS』 ☆★☆
   赤十字講習を動画とクイズ形式で学ぶことができる、電子講習室『赤十字WEB CROSS』が4月からリニューアルしました。
   動画8本を新たに公開しています。
   ぜひご覧ください!
   電子講習室『赤十字WEB CROSS』はこちらから


ページのトップへ