日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

【リリース】日赤東京都支部と東京トヨペット㈱連携による「災害時救護ステーション訓練」を初めて実施


臨時救護所の展開イメージ

日本赤十字社東京都支部と東京トヨペット株式会社が連携
「災害時救護ステーション訓練」を初めて実施!
〈11/26(土)11:00~13:00〉

****************
 日本赤十字社東京都支部(支部長 小池百合子)と東京トヨペット(株)(社長 古谷俊男)は、11月26日(土)に、「震度7の地震を想定」した災害発生時の救護ステーション訓練を東京トヨペットのカーテラス深川店敷地内で実施する。 日本赤十字社東京都支部は、かねてから企業の敷地・設備を活用した形での救護ステーション訓練を検討してきたが、このたび新車販売店の店舗を使った救護ステーション訓練を初めて実施することとなった。

 当日は、救護活動用の大型テントの設置、各種電源の確保に、販売店の広い敷地とプリウスPHVが電源供給車として活躍することが期待されている。さらには、ショールーム・会議室を近隣住民の一時避難所として活用することも視野に入れており、都内に約100店舗ある東京トヨペットの店舗ネットワークが災害時救護活動にどの程度の潜在力を持っているかを検証することにしている。
 訓練内容は、救護活動デモンストレーションに加え、地域住民・来店者を対象とした救護スキル教室、非常食の炊き出しもあり、参加者は様々な体験をすることができる。

 日本赤十字社東京都支部は、民間企業との連携により災害から都民を守る取り組みの一環として、2015年4月に東京トヨペットと「災害救護に係るパートナーシップ協定」を締結しており、災害時には東京トヨペットの店舗を救護活動拠点として、また平時には救護スキル教室として活用することにしている。

****
開催日時
 平成28年11月26日(土)11:00~13:00
開催場所
 東京トヨペット カーテラス深川店(江東区千石2-12-24)
実施内容
 ・救護ステーション用エアーテント設営(プリウスPHVからエアーポンプ用の電源供給)
 ・災害救護デモンストレーション(救急搬送、トリアージ)
 ・救護スキル教室(対象:地域住民、来店者等)
 ・日赤による炊き出し(豚汁)。東京トヨペットの備蓄品の試食・試飲

****************

取材いただける場合は11月25日(金) 17 時までにお申込みください。
 ※取材会場へは腕章をご持参ください。


プリウスPHVの電源を活用したエアテントの展開


平成27年から災害救護にかかるパートナーシップ協定を結ぶ

ページのトップへ