日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

救護ボランティアを養成する災害救護セミナーを開催しました


無線通信実習~必要な情報の収集~

5月13日(土)~14日(日)の2日間にわたり、赤十字が実施する災害救護活動に特化した「赤十字救護ボランティア」を養成するための「赤十字災害救護セミナー」を開催しました。

このセミナーは、救護ボランティアがスタッフとなり、ボランティアとして必要な「赤十字の基本理念」「炊き出し」「テント設営」「無線通信」「搬送」や災害発生時を想定した「総合演習」などを行います。

今年度の第1回目となるセミナーには25人が参加し、慣れない資機材の操作に悪戦苦闘しながらも、参加者それぞれが目的意識をもって楽しく取り組んでいました。
参加者の方からは「袋でご飯が炊けるのは驚いた」「ロープワークは難しかったけど、楽しく学べた」などの声が聴かれました。

今年度は全3回の実施を予定しており、近日中に日程をホームページに掲載しますので、皆さまのご参加をお待ちしています。


搬送実習~安全に傷病者を搬送~


ボランティアが指導します

ページのトップへ