日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

HOME > ニュース一覧 > ニュース詳細

【リリース】夏本番!水の事故を減らしたい!日赤の水上安全法講習を多摩川で初めて実施


夏本番!水の事故を減らしたい!
日赤の水上安全法講習を多摩川で初めて実施
~7月30日(日)青梅市柚木の河原にて~

【報道機関各位】
日本赤十字社東京都支部は、7月30日(日)に初めて河川を会場に水上安全法講習を実施します。
水上安全法講習は水の事故から命を守るための知識、技術を伝えます。今回の講習では、実際の河川を講習会場にして、河川において安全に活動するための注意点や事故者が発生した場合の救助方法について、ロープやライフジャケットを着用して学びます。
東京都内の河川は1級、2級に限ってみても100を超え、私たちにとって身近なものなのです。警察庁の調べによると、平成28年に全国で、屋外で発生した水難事故の30%が河川で起きており、身近なだけに事故に遭う確率が高いことがわかります。(参考資料あり)
水の悲しい事故をできるだけ起こさないためにも、この講習をより多くの方に知っていただけるよう、取材のご協力をよろしくお願いします。

****
【日 程】平成29年7月30日(日) 12:00~14:00
【内 容】河川において活動する際の安全な身の処し方と、
     事故者が発生した場合の救助方法について学びます。
【会 場】柚木の河原〈青梅市〉(JR青梅線二俣尾駅 徒歩15分)
【参加者数】20人程度
****************

取材いただける場合は7月28日(金) 17 時までにお申込みください。
 ※取材会場へは腕章をご持参ください。

ページのトップへ