首都直下地震など大地震の発生が危惧されるなか、皆さんはどのような準備をしていますか。いざというときのために「非常持ち出し品チェックリスト」をご活用ください。

⇒印刷ページ(PDF)はこちら

 大規模災害発生時、赤十字は本社・支部が協力し、直ちに救護活動を展開します。東日本大震災でも、発災当日から医療救護活動を展開した他、救援物資の配布などを行いました。
 また、災害への備えとして、各支部で病気やけがを予防し、災害や緊急時に正しい救急手当や応急手当ができるよう救急法などの講習を実施しています。
 お近くの支部の活動や救急法などの講習に関する詳細については下記をご覧ください。