文字サイズ 普通文字サイズ 大きい文字サイズ 特大
HOME > 日本赤十字社東京都支部について > 活動紹介 > 災害救護活動
赤十字について
災害救護活動
災害救護活動

災害救護は、赤十字の使命に基づいた重要な活動のひとつであり、国の指定公共機関としての大きな役割を担っています。地震や台風などの自然災害、また大きな火災や事故が発生したときの被災者救護のため、東京都支部では3病産院の医師、看護師、事務職員等からなる救護班を常時20班(120人)を編成しています。また、血液センターによる血液供給体制を整備しており、迅速な救護活動が展開できる体制を整えています。

このような災害発生後の緊急救護に備え、大規模災害を想定した救護訓練を実施するとともに、各地域で救援物資の備蓄や救護活動を支える救護ボランティアの養成を行っています。

災害救護活動 帰宅困難者支援 災害救護セミナー
災害時に備え、ボランティア・防災関係機関と連携して、東京都総合防災訓練、本社・第2ブロック支部合同訓練等各種訓練を実施しています。

都内で被災し、交通網が寸断した際に徒歩などで会社や学校から自宅へ向かう方へのサポートを行う帰宅困難者支援所(エイドステーション)を設置しています。

一般の方を対象としたセミナーを開催し、災害時に連絡・調整にあたる赤十字救護ボランティアを養成しています。

救護資機材の整備 医療救護体制 血液製剤確保・供給
災害時に備え、地区・分区ごとに救援物資(毛布・バスタオルなど)を備蓄するとともに、救援車両・救護テント・炊出し釜などの資機材を配備しています。

災害時には、通常の業務に加え傷病者の収容を行うほか、各赤十字病産院に救護班を編成して、派遣に備えた研修・訓練を行っています。 災害時に血液製剤を安定的に医療機関に供給するとともに、災害現場でも輸血ができる体制を確立するため、血液センターに血液救護班を編成しています。
日本赤十字社東京都支部について
東日本大震災 赤十字の活動
日本赤十字社の国内災害救援活動
日本赤十字社の国際救援活動
非常時の持ち出し品・備蓄品チェックリスト
東京大地震への備え 冊子送付のお申し込みはこちら
募金サイト イーココロ!
赤十字寄付金付自動販売機
読売巨人軍 赤十字支援プロジェクト
東京赤十字MAP
あなたも赤十字職員に
東京都日赤紺綬有功会
赤十字東京 携帯サイト http://www.tokyo.jrc.or.jp/