日本赤十字社 東京都支部

遺贈・相続寄付に関するお問い合わせ電話番号 03-5273-6743

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

あなたの思いを災害・病気・紛争で苦しんでいる人々へ

思いを託す。未来へ繋ぐ。

日本赤十字社は、あなたの「救いたい」というご遺志を引き継ぎ、
災害・病気・紛争で苦しむ人々の命を守り・繋いでいきます。

皆様の尊い遺志を東京から全世界の未来へ

相続寄付者・遺贈者のお声・体験談

  • 赤十字病院で助けていただきました。

    65歳の時に病気になり、一度は死を覚悟しましたが、赤十字病院で助けていただきました。
    そのときから「生かされている」と思うようになりました。
    社会への恩返しとして、役立てていただければと思います。

    (70代、男性)

  • 被災地で活動する日赤を見て、遺贈を決めました。

    テレビで地震被害に遭われた人たちを見て、胸が引き裂かれるような思いだったとき、 被災地で活動する日赤を見て、遺贈を決めました。
    日赤なら1人でも多くの被災者を救ってくれると信じています。

    (80代、男性)

  • 使い道は自分で決めようと思いました。

    ひとり身のため、遺言書がないと財産は国庫に帰属すると聞き、使い道は自分で決めようと思いました。
    赤十字は災害時にも活躍されていますし、私の地域に来て健康教室を開いてくださったりしておりましたので、災害時から平時まで有効に使ってくださると考え、決めました。

    (70代、女性)

  • 父の最期の願いを託され

    「社会への恩返し」が口癖で、退職してからも、体調を崩すまでずっと地域のために活動し続けた父でした。
    父の最期の願いを託され、多くはありませんが、日赤さんに寄付をしたいと思います。

    (50代、女性)

  • 母もきっと喜んでいることと思います。

    母が生前に赤十字活動に熱心だった関係で相続財産を寄付し、母の名で感謝状を出していただきました。 他人のための苦労をいとわない母でした。母の思いが感謝状として形に残るのは遺族としてもありがたく、母もきっと喜んでいることと思います。

    (60代、女性)

日本赤十字社 東京都支部に寄付をする魅力

 日本赤十字社は、1877年の西南戦争での負傷者救護に端を発し、現在は皇后陛下を名誉総裁とし、190の国と地域に広がる世界最大の人道支援ネットワークと、130年以上にわたり積み上げてきた救護力や組織力を生かして、国内外における災害救護をはじめとして、苦しんでいる人々を救うために幅広い分野で活動している団体です。

 東京都支部に寄せられたご寄付は、いま苦しんでいる方に手を差し伸べることはもちろん、お住まいの地域の防災・減災の普及、健康・福祉活動の推進、ボランティア、献血事業などの活動や、都民を守る災害救護活動にも有効に活用されます。私たちが守りたいのは「かけがえのない命」。私たちが育みたいのは「救いたいという優しい気持ち」。どうか私たち赤十字に、皆様の思いを託してください。

命を守る

自然災害、紛争、病気、怪我・・・。
そんな苦しみから、ひとりでも多くの人を救いたい。
私たち日本赤十字社は、医療や災害救護などの「命を守る」活動をおこなっています。

  • 国内災害救護

  • 国際活動

  • 防災教育

  • 赤十字病院

  • 血液事業

  • 救急法などの講習

人を育む

苦しんでいる人を救いたい。そう志す人たちの力と心を育むこと。
人道・博愛の精神のもと、人を慈しむ気持ちを育てること。
これも、日本赤十字社の役割のひとつです。

  • 看護師などの教育

  • 青少年赤十字

  • 赤十字ボランティア

  • 保育園・児童養護施設の運営

実際の事例、感謝の言葉

実際に過去にあった事例・感謝の言葉をご覧いただけます。

  • 【命を守る】東日本大震災 被災者からのメッセージ詳細
  • 【人を育む】学生赤十字奉仕団卒業生からのメッセージ 詳細

ご寄付いただいた財産は非課税となる税制上の優遇措置があります

遺族の方が相続された財産を相続税の申告期限内(相続開始があったことを知った日の翌日から10か月以内)に日本赤十字社に寄付した場合、ご寄付いただいた財産には相続税がかかりません(税制上の優遇措置が適用されます)。適用には、相続税の申告期限内に日本赤十字社が発行する「相続財産の寄付に関する証明書」を添付する必要があります。

遺贈とは

遺言書をつくり、遺産を寄付することを遺贈といいます。
日本赤十字社東京都支部へ遺贈いただくことで、災害・病気・紛争で苦しむ人々の
命を守る活動のために財産を残すことができます。
遺贈のご遺志は、遺言書を残すことではじめて実現させることができます。

遺贈の流れ

相続寄付とは

故人の生前の遺志を尊重し、ご遺族の方が相続された財産を寄付することで、
日本赤十字社が行う災害・病気・紛争で苦しむ人々の命を守る活動に
広く役立てることができます。
また、ご希望により、故人様のお名前で感謝状をお贈りさせていただくことも可能です。

流れについて詳しく知る

サポート内容

  • 担当者による無料訪問
  • 協力相談窓口のご紹介
  • 終活セミナーご招待
  • 広報誌のお届け
  • 感謝状の贈呈

担当者メッセージ

このたびは日本赤十字社東京都支部のホームページをご覧いただきありがとうございます。
私たちは、皆様のご遺志や思いを、赤十字の活動を通して、次の世代へ繋げていくお手伝いをさせていただきたいと思っています。

私たちの話を聞いていただいたうえで、他の団体への寄付をご検討されることもあるかもしれません。大切な財産の使い道を決めていただくのですから、当然です。
皆様が悔いのない決断をしていただくことが一番大切だと考えています。
直接お話を聞きたい方は、担当者がご自宅等へご訪問させていただくことも可能です(都内に限ります)。

まずは下記の電話またはお問い合わせボタンからお気軽にご連絡ください。