遺贈・相続寄付に関するお問い合わせ電話番号 03-5273-6743

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
トップ > 公正証書遺言と自筆証書遺言の違い

公正証書遺言と自筆証書遺言の違い

  公正証書遺言 自筆証書遺言
作成方法
  • 公証役場にて、2名以上の証人の立ち合いのもと、遺言者が公証人に遺言内容を口述します。
  • 公証人は遺言の内容を文書化し、遺言者・証人・公証人が署名・捺印をします。
  • 遺言者が遺言内容の全文、日付、氏名を自書し、捺印します(パソコンでの作成や代筆は認められません)。
  • 認め印、拇印、指印でも作成できます。
管理方法
  • 原本は公証役場で保管します(保管料は無料です)。
  • 保管方法は自由で、知人や遺言執行者に預けることも可能です。
良い点
  • 公証人が関与するため、遺言書の形式を間違うことがありません。
  • 紛失や偽造のおそれがありません。
  • ご自身で手軽に作成、書き直しができます。
  • 遺言の内容も存在も秘密にできます。
注意点
  • 証人が2名以上必要です(遺言執行者となる信託銀行や弁護士、公証役場などに証人を依頼することも可能です)。
  • 公証人の手数料がかかります。詳しくは最寄りの公証役場にお問い合わせください。
  • 遺言書の紛失や偽造、また発見されないなどの可能性があります。
  • 遺言者の死後、遺言内容の確認と保全のため、家庭裁判所による検認手続きが必要です。