日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

ボランティアをしたい

HOME > ボランティアをしたい > お知らせ

国立市赤十字奉仕団 地域の防災について、地域の外国の方々と学ぶ

平成26年1月18日(土)、くにたち地域 外国人のための防災組織(KUNIBO)主催の地域防災に関する勉強会が地域の中国・韓国他の方々を交えて行われました。

第1部では一橋大学客員教授のカール 氏をお招きし「地震国・フィリピンと日本~その時子どもや外国人は?~」というテーマで講演をいただきました。 第2部では国立市赤十字奉仕団が講師となり、応急手当等を学びました。

国立市赤十字奉仕団では、日頃より三角巾の手当のほか、心肺蘇生や応用包帯など、万が一に備えて応急手当の方法を学んでいます。今回は、三角巾での応急手当や毛布ガウンなど、日頃から勉強していることを地域の方々に知っていただく良い機会になりました。

参加した奉仕団員からは「地域には、日本人はもとより、中国や韓国の方々など、さまざまな人がいる。すべての人が一丸となって防災について考えていきたい」という声が聞かれました。

ページのトップへ