日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

災害に備える

HOME > 災害に備える > 地域で減災対策

地域で減災対策

地域や職場で減災対策

●日頃からコミュニケーションを取る

自分自身の身を守る「自助」が第一ですが、近所の人たちと協力しながら地域の安全を守る「共助」も必要です。自主防災組織は、地域コミュニティの力が発揮される典型的な共助による組織です。
日頃から地域の様々な活動に積極的に参加して、地域の人たちとコミュニケーションを取り、要援護者がいる家庭や地域の人たちの状況を把握し、災害時における各人の役割を明確にしておくことが大切です。
職場でも、日頃からコミュニケーションを取り、災害時のそれぞれの役割を明確にしておきましょう。

 

町ぐるみで災害対策

 いざという時には隣近所で協力し合うことが大切です。
 普段から声をかけ合い、消火方法や病人・ ケガ人の避難方法などを決め、訓練をしておきましょう。また、地域における防火用水、飲料水の確保、物資の備蓄の有無なども調べておくとよいでしょう。

 

職場での災害対策

 職場の安全チェック、役割分担、避難方法などについて話し合い、日頃から訓練をしておきましょう。

●計画書をつくる

職場では「事業所防災計画」を作成しておきましょう。災害に備える事前の計画、災害時の活動計画、復旧計画、復興計画の4つが必要です。

※「 事業所防災計画」で明確にしておく項目例
  • 役割分担。
  • 建物などの点検と補強。
  • 危険物の点検と安全措置。
  • 火気設備などの点検と安全措置。
  • 消火器などの準備と管理。
  • オフィス家具類の転倒・落下防止対策。
  • 非常用物品の準備。
  • 避難訓練。
  • 周辺の事業所や住民との連携と協力について。
  • 帰宅困難者対策

●リーダーを決め、各人の役割を明確に

災害時には、組織的に行動することが大切です。
リーダーの指示・誘導次第で被害状況は大きく変わります。リーダーは、その重要性を自覚して防災管理を行ってください。また、各人の役割を明確にし、それぞれが責任を持って行動しましょう。

 

ページのトップへ