日本赤十字社 東京支部

文字のサイズ

災害に備える

HOME > 災害に備える > 東京都支部の取り組み > 災害救護活動

災害救護活動

地震や台風などの自然災害、大きな火災や事故などの人的災害が発生したときに、被災者の医療救護と自立支援活動として、医療救護・救援物資の備蓄と配分・血液製剤の供給・義援金の受付と配分などを行います。迅速な医療救護や血液製剤の供給を行うために、都内3か所の病産院に20班の医療救護班を編成し、血液センターでは24時間の供給体制を構築しています。

活動を都内各地で展開し、地域のニーズにきめ細かく応えるために、区市町村に救援物資の備蓄や災害救護資機材を配備しています。また、地域赤十字奉仕団や救護ボランティアは定期的に訓練を行って災害救護活動を支えています。

 

救援物資の備蓄

災害時等に被災者に配布するため、毛布やバスタオルなどを備蓄しています。

 

救護資機材の配備

地区の災害救護倉庫等に、災害救援車両、テント、炊出し釜を配備しています。

 

医療救護体制

各赤十字病産院は地域医療に加えて、災害時には傷病者の収容を行うほか、医療救護班の派遣に備えて平時から訓練・研修を行っています。

医療救護班

医師(1名) 救護班班長として診療業務主導者及び管理業務責任者の役割を遂行する
看護師長(1名) 班長を補佐・協力するとともに班運営に適切な助言をする。班長不在時にはその大部分を担う。
看護師(2名) 劣悪な環境においても適切な救護活動が行えるような機敏な行動力が求められる。
主事(2名) 救急車の操作及び庶務的な役割を担うが、状況によっては、班長の指示により班長を代行することもある。

※必要に応じて助産師、薬剤師、こころのケア要員などを編成に加える。

医療救護班編成数

 

血液製剤供給体制

平時はもとより、災害時に血液製剤を安定的に供給するため、24時間の供給体制とともに全国的な需給システムを構築しています。

 

ページのトップへ