文字のサイズ

青少年赤十字について

HOME > 青少年赤十字について > 講師の派遣を依頼する

講師の派遣を依頼する

災害学習プログラム

これまで赤十字が災害救護活動において培ってきた経験や技術を、教育現場の防災教育に役立てていただくため、目的や対象などご希望に応じて講義や実技を行っています。

平成24年度から開始し、児童、生徒が本プログラムで自分の命を守り、周りの人を救うための実践的な内容について学習しています。

登録式・1円玉贈呈式・その他講演

青少年赤十字メンバーとしての意識を高めるために、多くの学校で登録式が行われています。当日は講師を派遣し、学校名入りの青少年赤十字旗を飾り、「ちかいの唱和」「赤十字講話」「バッチやワッペンの授与」を行います。

年度初めや新学期、アンリー・デュナンの誕生日(5月8日)に、朝礼や全校集会の時間を利用して行います。毎年実施する学校もあります。
また、1円玉募金贈呈式も通年で実施可能です。

留意事項
まずはお電話でご相談ください。毎年多くの学校から依頼があります。可能な限り要望にお応えできるよう調整いたしますが、他校との依頼重複、支部事業の都合等により、ご要望に添えないこともありますので、お早めにご相談ください。
希望内容が固まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。こちらからご提案させていただきます。
他の学校や園の参考とさせていただくため、当日は実施風景を撮影させていただく場合がございます。その都度、ご相談申し上げます。ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

<申込の流れ>(講師派遣全般)

実施予定日の2ヶ月前まで(赤十字講習は3ヶ月前
電話にて希望内容・日時のご相談、仮予約
必ず予めお電話にてご相談ください。
複数の実施候補日の中から調整させていただきます。

実施予定日の1ヶ月前まで
申請書の提出(郵送)
実施日を仮予約後、下記の別紙様式1「講師の派遣について(依頼)」をご郵送ください。

受諾書の返送、正式に実施が決定
申請書を受理後、こちらから受諾書を返送します。

実施予定日の前日まで
担当者と詳細について打合せ
当日の担当者が、詳細について打合せをさせていただきます(電話)。

実施当日!
実施風景を撮影(支部または学校で撮影)させていただき、
後日支部ホームページやフェイスブックにて紹介させていただきます。

支部ホームページに実施報告掲載 
 
No 名称 所要時間
(目安)
内容
1 青少年赤十字登録式 10~15分 年度の初めや新学期に、朝礼や全校集会の時間を利用して行います。学校名入りの旗を飾り、赤十字に関する簡単な講演や、バッジやワッペンの授与を行うことで、児童・生徒らの青少年赤十字の一員としての意識が高まります。
2 1円玉募金贈呈式 10~15分 「1円玉募金」として、集めていただいた募金を受領し、この募金がどのように使われるのかをお話します。
「1円玉募金」以外にも、赤十字への寄付や義援金の贈呈式も行っています。
赤十字について 45~60分 赤十字の「人道・博愛」の精神を、創始者アンリー・デュナンの生涯や、赤十字の活動を通してお話します。「いのちの大切さ」や「生きる」など、授業のテーマに沿ってお話することも可能です。
国際人道法 45~60分 赤十字の根源である「人道」を中心に、「地雷の恐ろしさ」や「少年兵」「戦争にもルールがあること」など、授業のテーマにあわせて内容を設定します。
国際救援活動講演 45~60分 世界各国で展開している救援活動やその国の状況について、現地で実際に活動した職員がお話します。
献血出前講座 45~60分 献血や血液、輸血を必要とする患者さんについてなど、いのちの大切さ、人と人が助け合うことの大切さを伝えます。
災害学習プログラム 相談の上、決定 災害から自分の命を守り、共助の担い手となるため、座学と体験学習を組み合わせて学んでいただきます。
詳細は「災害学習プログラム実施要綱」をご覧ください。
救急法講習 心肺蘇生などの一次救命処置、けがや急病に対しての応急手当を学びます。
水上安全法講習 水の事故から身を守るために必要な知識と技術を指導します。着衣泳講習や水に入らずにできる講習プログラムもあります。
10 幼児安全法講習 子どもに起こりやすい事故や病気の手当などを指導します。
11 健康生活支援講習 健康的に老後を過ごすための知識や、高齢者の自立を促す介護方法、災害時の高齢者支援方法などを指導します。
 

※No.8~11 各赤十字講習については、「講習に参加したい」ページもご参照ください。
http://www.tokyo.jrc.or.jp/application/haken/index.html

赤十字WEB CROSS では、講習の動画や内容をご覧いただけます。

【お問合せ】

日本赤十字社東京都支部 青少年・ボランティア課 青少年係
〒169-8540
新宿区大久保1-2-15
TEL:03-5273-6751  FAX:03-5273-6749
(9:00~17:30 土日祝日を除く)

ページのトップへ