文字のサイズ

寄付をしたい

HOME > 寄付をしたい > 遺言・相続財産・お香典・生命保険でのご協力

遺言・相続財産・お香典・生命保険でのご協力

近年、「自分が亡くなった後、これまで築いた財産の一部を赤十字に寄付したい」といったご相談や、大切な方を亡くされたご遺族から、「故人の遺産を社会のために役立ててほしい」という尊いお申し出が増えています。
相談される方々の事情は様々ですが、ご自身や故人の意思を社会のために役立てることを目的に、安心できる方法で信用できる団体に寄付をしたいという思いは共通しています。
赤十字では、このような尊いご意思に応えるために遺言によるご寄付(遺贈)、相続財産のご寄付、お香典のご寄付を承っております。

ご案内のパンフレットもご用意しておりますので、ご相談につきましては振興課 03-5273-6743 までお気軽にご連絡ください。

また、遺贈・相続寄付をされた方の体験談や、ご寄付までの流れをご覧いただける特設ページも併せてご確認ください。

遺言によるご寄付(遺贈)

遺言書をつくり、遺産の一部を寄付することを遺贈といいます。
遺贈のご遺志は、遺言書を残すことではじめて実現させることができます。
この遺言による方法で、遺産の一部の受取人として日本赤十字社東京都支部を指定することができます。

寄付金としてお寄せいただいた温かな思いは、災害・病気・紛争で苦しむ人々の命を守る活動に繋がります。

相続財産のご寄付

故人の生前の遺志を尊重し、ご遺族の方が相続された財産の一部を寄付することを相続寄付といいます。

ご遺族の方が相続された財産を相続税の申告期限内(相続開始から10カ月以内)にご寄付いただいた場合、その寄付された財産には相続税がかかりません(税制上の優遇措置が適用されます)。

日本赤十字社が発行する「相続財産の寄付に関する証明書」を添付して相続税の申告をしていただく必要がありますので、証明書を希望される方は振興課 03-5273-6743 までお気軽にご連絡ください。
 

生命保険でのご寄付

保険会社から支払われる保険金の受取人に日本赤十字社東京都支部をご指定いただくことで、保険金の一部または全額を寄付として、広く社会のために役立てることが可能になります。
また、ご自身が介護状態の際には、保険金が受け取れ、生涯健康だった際には、保険金の一部を寄付するなどの方法もございます

遺言書の作成に比べ、面倒な手続きや費用が不要なため、取り組みやすい支援方法としてご紹介しております。

お問合わせ・ご相談は、振興課03-5273-6743 までお気軽にご連絡ください。

※なお、本件は日本赤十字社において東京都支部が試行的に先行して行っているものとなっております。
 

お香典寄付

「香典返し」としてご会葬者様に一般的な品物を送る代わりに、相当する金額を社会のために寄付し、「故人の遺志を社会のために生かしたい」というご遺族が増えております。

また、ご希望によりお礼状と封筒の作成も無料で承っております。ご会葬者様にお送りいただき、香典返しに代えて、香典等の一部を赤十字にご寄付いただいたことをお知らせください。故人とご遺族のお志が伝わることと存じます。

〇お香典寄付の流れ

  1. ご連絡
    お香典の寄付を検討される場合は、振興課までご連絡ください。
    (電話:03-5273-6743)
  2. お礼状等の確認
    パンフレットと共に、お礼状と封筒の見本をお送りいたしますので、ご希望のものをお選びください。お礼状は4種類、封筒は3種類ご用意しております。
    お礼状の文面はご要望に応じて変更いたします。
  3. お申込み・お届け
    お申込みは100枚単位で承ります。
    お礼状と封筒は、校了後2週間程度でお届けいたします。
  4. 発送(お申込者様にて)
    封入・宛名書き・ご会葬者様への発送および送料のご負担は、お申込者様にてお願いいたします。

〇お礼状・封筒(見本) 

お礼状4種類、封筒3種類をご用意しております。

ページのトップへ