文字のサイズ

寄付をしたい

HOME > 寄付をしたい > 赤十字運動月間および会員制度

赤十字運動月間および会員制度

赤十字運動月間について

日本赤十字社東京都支部では、毎年5月の赤十字運動月間を中心に、各区市町村の赤十字業務担当窓口、赤十字ボランティアや町内会・自治会などの方々のご協力により、皆さまのご家庭を訪問し、会員(社員)へのご加入と活動資金のご寄付をお願いしています。地域によって様々な募集方法ご協力いただいており、お預かりした活動資金は、区市町村を通じ東京都支部に送金され、地域福祉やボランティア活動、また災害発生時に自治体や地域住民の方々と協力して救護活動を展開するなど、地域と密接な関わりをもった赤十字活動や人道的活動に役立てております。その際には、ぜひご協力ください。

アンリー・デュナン

赤十字にとって5月は

自らの体験から敵味方の区別なく救護する国際組織の創設を提唱したアンリー・デュナン。彼の願いと行動は1863年の赤十字への誕生へとつながりました。彼が生まれた5月8日を「世界赤十字デー」として、赤十字の理念や活動を普及する運動が世界中で展開されています。
一方日本では、海外で赤十字の運動に感銘を受けた佐野常民そして大給恒が、西南戦争の最中に幾多の困難を乗り越え、日本初の戦時救護組織として1877年の5月1日に博愛社(日赤の前身)を創設しました。
日本赤十字社では、こうした意義深い歴史的な日のある5月を赤十字運動月間としており、5月を中心に赤十字の理念や活動への理解とそのご支援を呼びかけています。

 

赤十字の「会員(社員)」について

あなたの街から世界の各地まで人道的活動を展開する日本赤十字社。
その活動は、皆さまからお寄せいただく活動資金のご寄付によって支えられています。

日本赤十字社の活動は、「会員(社員)」としてご加入いただいた皆さまからお寄せいただく「会費(社費)」と、広く一般の皆さまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。この「会費(社費)」と「寄付金」を併せたものが赤十字の活動資金となります。

赤十字の「会員(社員)」とは?

「会員(社員)」とは、日本赤十字社の理念と活動にご賛同いただき、会員となる意思表示をされた方です。
日本赤十字社では、会員(社員)の皆さまを「赤十字」の支援者として考えており一人でも多くの方にご賛同いただけるよう努めています。

なお、会員(社員)は赤十字活動にご参加いただくことを意義としており、会員(社員)限定サービスのような特典はございません。会員(社員)への加入、あるいは寄付金のご協力を通じた赤十字活動への参加を社会貢献や奉仕活動のひとつとしてお考えいただければ幸いです。

【平成29年4月1日より「社員」を「会員」と呼称変更し、今までどおり目安として500円以上のご協力者を「協力会員」と呼称いたします。なお、2,000円以上のご協力者で会員を希望された方へは情報誌を送付させていただきます。】

 

ページのトップへ